autocadで洋服も設計できるのかな?

autocadといえば設計で使われているソフトとして知られています。
私もパソコン関係にはあまり詳しくないですし、どんなソフトがあるのか、どういったソフトをどういった時に使うのかということは自分の詳しいジャンル以外のことは全然知りません。
しかしデザインをする上でautocadは設計という事を考えると共通する部分があるのではとふと思いました。
実際にautocadと洋服デザインと調べると意外と出てくるのです。

製図ソフトで洋服製作!?

製図ソフトでもあるautocadは、製図をされる方の間ではメジャーなソフトだと思います。
しかし私はそういった関係のことに疎いので初めてその言葉も知りました。
友達がautocadを使って洋服が作れないのかなとふと言っていた事が頭に残っていて調べてみました。

私は洋服を作る時には、ソフトを使ってパターンを作る事も有りますが、autocadも製図と考えれば同様に進めていくことが出来るのかもしれないとちょっとした期待も有りました。
それは製図ソフトという事ではなく、洋服制作用のautocadが有るのでそれを使って行っていくようです。
私はアナログ人間なので、洋服を作る時も頭の中で組み立ててデザイン画が書けたら適当に作ってしまう時も結構あります。
なのでソフトを使ったことはあまりないので分かりませんでしたが、プロの世界ではソフトを使用して作っているんですね。

製図ソフトに関してもかなり便利で使いやすいみたいです。

デザインという意味では、建物も服も同じ

洋服のデザインをするというのは、建物を作る設計という作業に似ている部分も有るかもしれません。
もちろん技術的な所でも大きく違いますし、専門的な知識は洋服よりも設計の方が必要です。
しかしインテリアを考えたりするときには、デザインと言ったジャンルの所でもかなり使われる事になりますし、それを行う上ではソフトを使って効率良く行うのも大事なことかも知れません。

ファッションのことにはかなり興味もありますし、デザインをする事も有りますがそれは設計というジャンルでも共通している部分もきっとあるので、どちらかの人がどちらかに転職するというのももしかしたらあり得るかもしれません。
まぁ、私の場合はそれは知識を新たに勉強するというのがもう苦手なので多分あり得ない事ですが。

流行は回っていますし、買わされている感も有りますが、やっぱり常に個性は持っていたいですし自分の独創性は持って行きたいと思います。
流行に流されない自分でいたいです。

サイトPR
autocadと互換性あるソフトは「ZWCAD」へ。使い慣れた操作で設計も簡単!
サイトURL:https://zwcad.co.jp/

水分計とファッションの融合を進めるためにできること

世の中には、普段生活の中で使うようなことがない専門的な道具が存在しています。
その道具の一つが水分計と呼ばれるものになるでしょう。
この水分計の特徴は、物体には水分がどれだけ含まれているかを図る道具になります。
これを利用することにより、例えばその地面の中にどれだけ水分があるのかあるいは果物の中がどれだけみずみずしいかが理解できるわけです。
ただ、総じて水分計は非常に地味な見た目をしておりどこか冷たさがあると感じる人も少なくありません。

水分計をかっこよく使う方法

世の中には常識と呼ばれるものがあり、この常識にのっとって多くの人は生きています。
ですが、必ずしも常識に合わせる必要はありません。
あくまでも、それに合わせておけば何となく安心になりますが実はなんら刺激のない生き方になっちまいます。
もしこれが商品だった場合はどうでしょうか。
例えば水分計は地味な形をしていますが、常識にとらわれてしまうとこの地味な形から脱却することができません。
そこで、ファッションと融合させることにより結果的に個性的なものを作ることは可能になります。
実は、一般的に販売されている商品は、ファッション性をあまり気にしていないのが特徴です。
最近ようやく見た目の個性を出す商品も増えてきましたがまだ業者の内部で使っているもろに関してはほとんどの公正な状態になります。
中身の良さだけを争っていますがどの業者も実はそれほど中身は変わらないです。
ただ、もしこれから変えていくとすれば中身よりもそのデザイン性を変えていくことが重要な方法になるでしょう。

ファッションに組み合わせる必要ある?

このような話しをした時、ファッションに組み合わせる必要が果たしてあるのかと述べる人もいます。
確かに、どこからファッションが出てくるのかわからない人にとっては、そのような疑問が頭にうかんでも不思議ではありません。
ですが、常識にとらわれていては新しい扉を開くことはできません。
特に、水温計を開発している業者ならば、ほかにはないものを散らすとき単に性能の良さだけを強調している場合ではないわけです。
少なくとも、日本企業が作る水温計はどれも一定の水準に達していますし、利用する立場からしても満足できる内容になっています。
ではどこで差をつけるかといえばそれは見た目で差をつけるしかないでしょう。
何となく機械的に作業をするのではなくファッション性は高まればそれだけ使う時もわくわくしてきます。
もし事務所に置いておく時も、単に乱雑に置いておくのではなくオブジェとして置いておくことも可能になるでしょう。
こうすることで毎日仕事をするのが楽しくなるかもしれません。

サイトPR
水分計は豊富な種類を扱っている『ビスコテック株式会社』のHPで確認
HPアドレス:https://www.viscotech.co.jp/